スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<天皇、皇后両陛下>ルーマニア大統領と会見(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は10日、ルーマニアのバセスク大統領夫妻と皇居・宮殿で約15分間会見し、昼食をともにした。昼食には昨年5月にルーマニアを訪問した秋篠宮ご夫妻も同席した。

ファイザー日本法人、2.6%の増収(医療介護CBニュース)
坂出3人殺害、遺族が介護資格…「人の助けに」(読売新聞)
夜間中学 91歳女性が卒業…戦災・震災乗り越え 神戸(毎日新聞)
<パトカー事故>追跡中に高2女子はねる 大阪・岸和田(毎日新聞)
男性警視が焼身自殺か=車に灯油、中から遺体−奈良県警(時事通信)

路上に65歳男性、搬送先で死亡=ひき逃げか、車の部品も−東京(時事通信)

 7日午前5時50分ごろ、東京都日野市落川の路上に「寝込んでいる人がいる」と警視庁日野署百草園交番に届け出があった。警察官が駆け付けたところ、近くに住む無職相田栄一さん(65)が全身を強く打つなどして倒れており、病院に運ばれたが間もなく死亡した。
 現場に車の部品の一部が落ちていたほか、近所の住人が同5時半ごろ、ドンという衝撃音を聞いていることから、同署はひき逃げ事件とみて捜査している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕警察対暴走族 果てしなき戦い
路上に横たわりひかれる=男性死亡、トラック逃走
同乗者2人、処分保留=危険運転致死、名古屋ひき逃げ
ひき逃げで46歳男を逮捕=高2男子死亡
ひき逃げか高2男子重体=頭から血、路上で倒れる

新手ネットビジネスに苦情、2社に業務停止命令(読売新聞)
普天間長引けば日米関係に悪影響…国務次官補(読売新聞)
定昇確保へ「不退転の決意」=連合が中央集会−春闘(時事通信)
「たまゆら」火災 理事長ら起訴 改善進まぬ老人施設(産経新聞)
「指揮官を一人に」橋下知事、関西州の実現訴え(読売新聞)

<官房機密費>あり方を見直す考え 改めて示めす…官房長官(毎日新聞)

 平野博文官房長官は5日の記者会見で、官房機密費(内閣官房報償費)の透明化に関し、「どういうものが公開でき、どういうものが本当に不必要なのか、4月から検証したい」と述べ、来年度から1年間かけて機密費のあり方を見直す考えを改めて示した。

 鳩山由紀夫首相が機密費の透明性確保策を検討するよう指示していた。平野氏は、支出ごとに機密費から支出する必要があるかを調べた上で、機密費総額の減額や情報公開の手法を含めて検討する。【横田愛】

【関連ニュース】
官房機密費:首相、公開方法の検討を指示
鳩山首相:官房機密費の透明化図りたい 参院予算委で答弁
官房機密費:「使途解明は困難」答弁書を閣議決定
機密費:前政権末期の支出「それまでと異なる」 政府見解
官房機密費使用:「河村氏の判断」との答弁書を閣議決定

普天間「5月末に必ず結論」=社民党首と会談、先送りをけん制−官房長官(時事通信)
<アーチェリー事故>高2に矢、同級生を書類送検へ 警視庁(毎日新聞)
【新・関西笑談】大阪仲間ぐらし(2)元NHK解説委員 村田幸子さん(産経新聞)
<ニイウスコー>元会長ら再逮捕へ 05年決算も粉飾容疑(毎日新聞)
薬価改定影響率、最高は大日本住友の9%強(医療介護CBニュース)

川崎病のモデルマウス作製法、大阪の医師が確立 治療法改善に期待(産経新聞)

 乳幼児が発症し、心臓の冠動脈瘤(かんどうみゃくりゅう)などの後遺症の恐れもある原因不明の「川崎病」のモデルマウスの作製法を、千船病院(大阪市西淀川区)の藤本二郎外科部長(消化器外科)が確立した。川崎病の診断・治療法の改善につながる成果で、5日に京都市で始まる日本循環器学会総会・学術集会で発表する。

 藤本さんはがんの研究を進める中で、シイタケの抽出物で、抗がん作用があるとされるレンチナンをマウスに注射したところ、予想に反して早死にすることに着目。このマウスを解剖したところ、冠動脈瘤が形成され、冠動脈で血管の形状を保つ働きをする「弾性板」がボロボロに傷むなど、川崎病に酷似した症状が現れていることがわかった。

 従来は乳酸菌などの抽出物の注射で病態マウスが作製されていたが、今回ほどの症状は出ていなかった。藤本さんは「病態マウスによって川崎病の原因解明や診断・治療法の改善に貢献できるのではないか」と話している。

 川崎病は昭和42年に川崎富作医師が発見した病気。ウイルスや細菌が関与しているともいわれ、発病すると乳幼児の血管に炎症が生じ、発熱や発疹(ほっしん)などの症状が現れる。自治医大の調査によると、国内患者数は平成17〜20年にかけて4年連続で1万人を超えている。

【関連記事】
【臓器移植】(上)子供の移植をどう考えるか
超微細炭素分子 フラーレンで遺伝子治療 東大チーム 実験に成功
腎臓病悪化の仕組み解明 京大、治療法開発に期待
ストレスからくる「口角炎」 唇の脇がひび割れて“おちょぼ口”に
糖尿病治療へ期待 膵島移植の拒絶タンパク質を特定
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

普天間「5月末に必ず結論」=社民党首と会談、先送りをけん制−官房長官(時事通信)
「キツネ事故」で遺族逆転敗訴=高速道管理の過失認めず−最高裁(時事通信)
奈良妊婦死亡訴訟 「医療体制充実を」大阪地裁が異例の付言(産経新聞)
長妻厚労相名で日医に提言求める文書(医療介護CBニュース)
【科学】地震発生予測 検証実験 「当たるモデル」条件探る(産経新聞)

西島大氏死去(劇作家)(時事通信)

 西島 大氏(にしじま・だい、本名西嶋大=にしじま・ひろし=劇作家)3日午後4時46分、肝細胞がんのため東京都渋谷区の病院で死去、82歳。大阪府出身。葬儀は8日午前11時30分から東京都杉並区上荻2の1の3の光明院で。喪主はおい河野登夫(こうの・たかお)氏。
 1954年に創立された劇団「青年座」に入り、同劇団所属の作家として活躍。戯曲「昭和の子供」のほか、石原裕次郎主演の映画「嵐を呼ぶ男」や、NHKのテレビドラマ「あねいもうと」の脚本を書いた。 

【関連ニュース】
小出保子さん死去(絵本作家)
翻訳家、作家の柴野拓美氏死去
小田実全集、初の電子出版で=来春から刊行
室伏哲郎さん死去=「汚職の構造」のノンフィクション作家
原田康子さん死去=小説「挽歌」がベストセラー

<船形山遭難>3日早朝に「みんな元気」 不明者から電話(毎日新聞)
<慢性疾患>生涯ローン…7割が「医療費重い」 東大調査(毎日新聞)
<過労障害>2億4000万円で和解 鹿児島(毎日新聞)
断層長さ500キロ、8メートルずれる=チリ地震、M8.6と算出−東大地震研(時事通信)
囲碁 張が棋聖位獲得でグランドスラム(産経新聞)

自殺対策でキャンペーン=福島担当相(時事通信)

 自殺対策を所管する福島瑞穂消費者・少子化担当相は1日朝、東京・JR新橋駅前で、政府の自殺対策強化月間のPRキャンペーンを行った。福島氏は午前8時半から10分間、出勤途中のサラリーマンらに、体調管理や医療機関への相談を呼び掛けるちらしを配布。この後、記者団に「(自殺で)年間3万人以上が亡くなっており、心を痛めている。少しでも減らすために、しっかり(対策を)やっていきたい」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
小沢氏を怒らせた「農業土木一家」

社民・福島党首、普天間の5月末期限は「二次的なもの」(産経新聞)
川端文科相、慎重姿勢崩さず 朝鮮学校の無償化問題 (産経新聞)
官房長官と3知事がテレビ会議へ(時事通信)
国民への周知、検証必要=津波で官房長官−首相は「迅速対応できた」(時事通信)
首相動静(2月25日)(時事通信)

<天皇公的行為>統一ルール「非現実的」 政府見解公表(毎日新聞)

 政府は25日、憲法に明記されていない天皇の公的行為に関する見解を公表した。天皇の政治利用防止に関し「公的行為にはさまざまなものがあり、統一的なルールを設けることは現実的でない」としたうえで、個々の行事の趣旨を考慮しながら「内閣が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮すべき責任を負っている」との内容。

 これに関連し、平野博文官房長官は25日の記者会見で天皇の政治利用に関し、憲法4条が「(天皇は)国政に関する権能を有しない」と規定していることを根拠に「(政治利用が)存在することはあり得ない」と言い切った。平野氏は「(天皇は)国政に関する権能を有しない、というのがそもそもの一番の理屈で、『有する』との概念に立つと政治利用の概念が出てくる」と説明し、「政治利用」という概念そのものが存在しないとの認識を示した。

 見解は、1月21日の衆院予算委員会で自民党の谷垣禎一総裁が、09年12月の天皇と中国の習近平国家副主席との特例会見の追及に伴い「天皇陛下が政治的に巻き込まれることがないようルールが必要だ」と指摘し、平野氏が「政府の統一見解を示す」と表明していた。

 谷垣氏は25日、国会内で記者団に「象徴天皇のデリケートさにまったく配慮がなく、政治的英知を欠いている。『その都度便宜的に判断すればいい』との見解で、憲法のイロハも心得ない噴飯ものの解釈だ」と批判した。【横田愛】

 天皇の公的行為に関する政府見解の要旨は以下の通り。

1、天皇の公的行為とは、憲法に定める国事行為以外の行為で、天皇が象徴としての地位に基づき、公的な立場で行われるものをいう。公的行為に憲法上明文の根拠はないが、象徴天皇の行為として当然認められる。

2、天皇の公的行為は、憲法にいう内閣の助言と承認は必要ないが、憲法第4条は、天皇は「国政に関する権能を有しない」と規定しており、内閣は天皇の公的行為が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮すべき責任を負う。

3、天皇の公的行為には、外国賓客の接遇、外国ご訪問、全国植樹祭へのご臨席などさまざまなものがあり、それぞれの公的行為の性格に応じた適切な対応が必要となることから、統一的なルールを設けることは現実的ではない。

4、従って、各行事等の趣旨・内容のほか、天皇陛下がご臨席等をすることの意義や国民の期待など、さまざまな事情を勘案し、判断していくべきものと考える。

5、いずれにせよ内閣は、天皇の公的行為が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮すべき責任を負っており、今後とも適切に対応したい。

保守系文化人、メディアパトロールジャパン立ち上げ(産経新聞)
チリ巨大地震 津波の規模「一番大きくなること想定」 気象庁(産経新聞)
「政治とカネ」で協議機関=与野党幹部が大筋一致(時事通信)
<民主党>小沢幹事長と菅副総理 囲碁対決実現に政界が注目(毎日新聞)
<長崎県知事選>自公支援の中村氏が初当選確実(毎日新聞)

参院選、小坂氏ら6人公認=自民(時事通信)

 自民党は22日、夏の参院選候補として、小坂憲次元文部科学相ら4人の前衆院議員や、元プロ野球選手の石井浩郎氏、伝統工芸士の富田篤氏の計6人の新人の公認を決めたと発表した。これにより、同党の公認候補は選挙区、比例代表合わせて61人となった。
 新たな公認候補は次の通り。(敬称略)
 【選挙区】秋田 石井浩郎(45)▽広島 宮沢洋一(59)▽佐賀 福岡資麿(36)
 【比例代表】小坂憲次(63)、佐藤ゆかり(48)、富田篤(61)。 

【関連ニュース】
【特集】昭和 野球のアルバム〜V9と、その時代〜
【特集】波乱万丈 野村克也
【特集】プロ野球 笑える?事件簿
【特集】高校野球 戦国MAP
【特集】ドラフトの悲喜劇・昭和編-プロ野球2世代写真展

“お迎えの死に神”に抵抗 元NHKアナウンサー 鈴木健二さん(産経新聞)
<山本病院事件>逮捕の医師が拘置中に死亡 奈良(毎日新聞)
インドネシア人候補270人 看護師試験を受験(産経新聞)
防衛相「普天間、3月から対米交渉開始を」(読売新聞)
大仁田氏応援で松山千春が「恋」熱唱…長崎県知事選(スポーツ報知)

<共産党>町田、日野市議選で全員当選…地方選で健闘(毎日新聞)

 2月の地方選挙で共産党の健闘が目立っている。21日投開票された東京都の町田市議選と日野市議選でいずれも候補者5人が全員当選したのをはじめ、7日の千葉県匝瑳(そうさ)市議補選(改選数3)では同党の新人候補が2位で当選。合併に伴う14日の滋賀県長浜市議増員選でも定数1の湖北選挙区で新人候補が勝利した。同党は「一つ一つ確実に票と議席を伸ばしながら参院選につなげたい」(市田忠義書記局長)と手ごたえを深めている。

 共産党によると、匝瑳市議補選と長浜市議増員選湖北選挙区での同党候補の得票は、昨年の衆院選比例代表で同党が得た票の5倍を超えた。特に湖北選挙区では元町会議長ら保守層の応援もあったという。

 ただ、共産党は志位和夫委員長の就任以来、参院選では5議席(01年)、4議席(04年)、3議席(07年)と後退し、3回の衆院選(03、05、09年)はいずれも9議席にとどまった。地方選での好調が低迷脱出の契機となるかは未知数で、同党関係者は「単発の地方選なら力を発揮できても、国政選挙や統一地方選ではまだまだ地力が足りない」と楽観論を戒めている。【中田卓二】

【関連ニュース】
志位委員長:北教組の違法献金問題に言及
鳩山首相:共産党の志位委員長と会談
政界:小林陣営・違法献金容疑 連合の支持強要が問題−−志位・共産委員長
語録:肝心な答弁は官僚製−−志位・共産委員長
語録:真剣に聞いてくれた−−志位・共産党委員長

<石川衆院議員>続投改めて表明…帯広で「励ます集会」(毎日新聞)
寛永通宝 地域通貨で使用へ 香川・観音寺市で計画(毎日新聞)
首相公邸改修費は474万円=政府答弁書(時事通信)
雑記帳 盛岡芸者見習い募集の求人票(毎日新聞)
<盗難>新田義貞の銅像が 群馬・太田の神社境内から(毎日新聞)

インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず−民間調査(時事通信)

 インフルエンザワクチンの幼児への効果について、高校生以下の子供を持つ母親の9割が正しく理解せず、半数以上が過大に評価していることが、コンサルティング会社「フライシュマン・ヒラード・ジャパン」(東京)の調査で分かった。
 同社は今月8〜10日、全国の24〜54歳の母親500人を対象にインターネットを通じて調査した。
 厚生労働省はワクチンが発病を防ぐ効果は、1〜5歳の子供では「20〜30%」としているが、500人のうち正しく回答したのは全体の3%に当たる15人だけ。57%は「5割以上防げる」などと過大に評価し、「分からない」とした人も36%に上った。
 また、今回の新型インフルエンザが豚由来だと理解している人は59%にとどまり、「分からない」が25%、「鳥由来」と答えた人も15%いた。 

築地移転「時間多くない」 知事、新市場に改めて意欲 都議会開会(産経新聞)
ハイチ大地震 陸自医療援助隊の100人帰国し解組式(毎日新聞)
釧路市役所、パソコンソフト18本を違法使用(読売新聞)
五木寛之さんが直木賞選考委員辞意(時事通信)
政調復活論牽制へ 「コアメンバー制度」 (産経新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵事務所
カードでお金
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化
無料ホームページ
無料携帯ホームページ
ネットビジネス
selected entries
archives
recent comment
  • 青木半治さん お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
    みっくみく (08/27)
  • 青木半治さん お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
    志波康之 (01/14)
  • 青木半治さん お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
    玉木よしひさ (01/01)
  • 青木半治さん お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
    ナーマソフト (12/27)
  • 青木半治さん お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
    ポリエモン (12/23)
  • 青木半治さん お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • 青木半治さん お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
    パイン (12/12)
  • 青木半治さん お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
    俊之 (12/04)
  • 青木半治さん お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
    ポコラーニャ (11/25)
  • 青木半治さん お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
    れもんサワー (11/21)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM